お役立ち情報

日本のスマホ市場でiPhoneが勝つ理由。

iPhoneは世界に20億台が流通しており、日本のスマホ市場では驚異の70%と他社と比べてもダントツのシェアを誇っています。

ただ世界で見ると90%近くがandroidで占めており、日本のように人気のスマホとは言いにくいのが現状です。

世界と比べて日本のシェアが高い理由は国民性にあると考えます。


1.Androidはハードウェアとソフトウェアが一致しない。

androidとはスマホの名前ではなく、ソフトウェアの名前です。

これは意外と知られていない事実であり、iPhoneとは大きな違いです。

Androidは不具合が起きても、それがハードなのかソフトなのか原因が分からないため問い合わせ先に混乱します。

それと違ってiPhoneはハードもソフトもApple社が開発、提供して、トラブルがあっても迅速に対応ができる強みがあります。

2.日中韓の政治的な問題。

AndroidをOSとしたスマートフォンシェアは韓国企業と中国企業がトップに君臨しています。

贈賄や情報の政治利用などに敏感な日本人にとっては、好まれない企業なのかもしれません。

3.販売店の作業効率がいい。

Androidは契約単価が高く、利益率はいいものの、顧客の大半はAndroidの操作をあまり理解していません。

それに対して、iPhoneは顧客が事前に機能性を理解していて、案内に費やする時間はAndroidと比べて少ないです。

その結果、販売店は利益率の高いAndroidではなく効率の良いiPhoneの販売に力をいれ、足りない利益分はiPhoneケースなどのアクセサリーで補うとAndroidよりも売り上げを出すことができます。

販売店がiPhoneのアクセサリーを優先的に取り扱う理由も納得できます。


そのような理由もあって、iPhoneが日本のスマホ市場をほぼ独占することが可能になるのです。

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。